【小4~小6の勉強】勉強の習慣をつけるには?

学校の宿題(学習課題以外に、未解決で持ち越されている解決しなくてはならない問題をこう表現することもあります)や塾で出された課題以外は、勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)しようとしないお子さんもいらっしゃるとは思います。でも、小学校のうちに、毎日、自ら机に向かい、勉強する習慣をつけておくと、その後の中学、高校で大きな力となっていくはずです。それでは、どうやったら勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)の習慣をつける事が出来るためにしょう。最初のうちは、お子さんが学校や塾で習った事を理解出来ているか、チェックする事が必要になるのです。授業内容を確認してみても、うまく答えられなかった場合は、授業を聞いていないか、理解できいないと言ったこともあるみたいです。そういった時、次の授業に進んでも授業内容に関していけなくなってしまうことをお子さん本人に、しっかり認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)させる必要があるのです。また、宿題(わからないところは、ネットで調べるという子供も増えています)をしたのかどうかの確認だけで終わらせてはいけないでしょう。宿題(近年では、夏休みや冬休みの宿題を代わりにやってくれる宿題代行サービスというビジネスもあるようです)をすることは当然のことではあるものの、これでは、宿題(児童や生徒が自分で行わなくてはいけない学習課題を指すことが多いですね)だけ終わらせればあとは何もしなくていいという認識(自分のものに固執していると、視野が広がらないでしょう)を持ってしまいかねないのです。お子さんが宿題(学習課題以外に、未解決で持ち越されている解決しなくてはならない問題をこう表現することもあります)以外の勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)をいかにしたのかと言った確認が重要になってきます。宿題(児童や生徒が自分で行わなくてはいけない学習課題を指すことが多いですね)の量をチェックして、そのほかの勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)を如何にするか、時間の配分を考えてください。お子さんにもよりますが、小学生(ランドセルがよく似合います)のうちは自分で学習計画(学校では学習計画を立てることはあっても、どのように立てれねいいのかは教えてくれないことが多いです)を立てられない事が多いため、その子に合った計画・範囲を一緒に考える事が重要です。出来るだけ、毎日学習するように、親子で目標を立てて下さい。お子さんが勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)しやすいような環境を作ることも必要です。学習机がきれいに整頓されていて、おもちゃなど気が散るものが近くにないでしょうか?学校行事やクラブ活動で忙しくなってくる時期でも、すこしずつでも良いので、毎日勉強した時間を作ることが非常に重要です・こちらもおすすめ>>>>>スマイルゼミ 小学生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です